面白い漫画や凄い作品を月刊誌・電子書籍問わずあらすじのネタバレ中!夢小説も始めました!

別マ2016.5&6月号『俺物語!!』第43&44話のネタバレ感想*アルコ×河原和音

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

今回は別マ2016.5&6月号『俺物語!!』第43&44話のネタバレ感想*アルコ×河原和音です。

前回『俺物語!!:アルコ×河原和音』第42話は、猛男が大和を追った場面で終わりました。

今回は43話と44話ぶっ続けで書きます!

 

2020年9月マンガ超お得情報

今月人気の「愛して欲しいと囁いた」「人間牧場」が、1巻無料で読めちゃうサービスをまんが王国で展開中です!この期間を逃さずに、漫画1冊400円分をお得に読んじゃいましょう☆

別マ・俺物語‼(2016.5&6月号/43&44話)ネタバレ

(以下:ネタバレ感想)

5月号43話

家出した大和について行った先は空港で、猛男は何と大和と一緒に沖縄へ飛び立ちます!

駆け落ち状態ですが、猛男は砂川づてに大和のお父さんと連絡を取っていて「必ず無事、連れて帰る」と約束します。

大和は、猛男が自分の父親と連絡を取ってるとは知らず、二人での初めての旅行を楽しんでいる模様ですが、やはり心にはスペインに行くと猛男と離れてしまう…という寂しさがちらついている感じです。

 

二人でちゅら海水族館へ行きソーキそばを食べたりして観光を楽しんでいますが、その夜、ベッドで大和は猛男の胸で「これでもうスペインに行っても大丈夫」と言いながらボロボロ泣きます。そんな大和を猛男は抱きしめます。

 

6月号44話

「どんな大和も好きだから、無理して笑っていないで泣いてもいいんだ」そう猛男に言われて泣く大和ですが「俺は胸張って一緒にいてぇ。一年、試練だと思って乗り越えてみてぇ。」と猛男に言われ、二人で乗り越えることに決めます。

それからすぐに心配する父親に連絡を入れ明日帰ることを伝えて事はおさまりました。

 

しかし、落ち着いた二人は今度は二人きりの旅行ということを思い出し何だかドキドキ!

旅の勢いで体の距離も縮まった二人は『親に言えないカンケイ』になって結ばれて次の日に地元へ帰りました。

空港まで迎えに来ていた大和の家族に大和は謝りつつ、大和の父親は猛男に「これからも凛子をよろしくお願いします」とおじぎをしたのでした。

 

そして、大和家族がスペインへ出発の日!大和は家族と飛行機で飛んでいき、猛男は外で大和の飛行機が飛んでいくのを見ていました。

それぞれ涙ぐむ大和と猛男でしたが一緒に乗り越えようと決意している二人は晴れやかな面持ちで前を見つめました。

その後猛男は砂川と家に帰る途中、大和の事をキラキラした顔で考えながら空を見上げてドブにはまっていました(笑)

ここで今回の別マ『俺物語!!』は終わりです!

SponsordLink

 

別冊マーガレット・俺物語!!アルコ×河原和音*感想

凛子は地元へ残る選択をするのかと思ったら、家族みんなでスペインへ行きましたね!

父親一人で単身赴任くらいしろや!と個人的には思いますが(笑)、凛子も妹も母親もそんな父親が好きなんでしょうね!

猛男は1年間頑張って凛子と同じ大学へ行くことが出来るのでしょうか!?

1年の間にやりたいことが決まり大学ではなく専門へ進む事もありそうですが、『オオカミ少女』と同じように結婚後のストーリーまで描いてもらえたら嬉しいな!と思ってしまいます^^

でも終わらないで欲しい~(涙)!!というのが率直な意見です!!!(笑)

 

大和と猛男、ここまで色々なことを乗り越えての交際でしたが、スペイン行きはこれまでで最大の危機になりそうですね。

遠恋って、最初は大丈夫!と思っていても、やっぱり難しいですよね・・・。

それまで放課後に毎日でも会えたという環境だったのでなおさら会えないのはとても辛いと思います。

私なら絶対に遠恋なんてしませんが!!

さて、最終回に向けての『俺物語!!』、続きも楽しみですね☆

 

次回(別冊マーガレット7月号最新話)はコチラ!

前回『俺物語!!:アルコ×河原和音』第44話は、大和がスペインへ飛び立ったところで終わりました。

そして、俺物語は次回が最終回………!!!

『オオカミ少女と黒王子』が終わり、また好きな漫画が終わると思うと心臓がえぐられるような思いですが、頑張って書いて行こうと思います…。・・・

SponsordLink

 

ネタバレ人気電子書籍漫画の一覧☆

ダンボールで育った少女1巻(完結)の内容ネタバレとあらすじの感想!無料試し読み☆

ダンスマカブル(漫画:意味)1巻のネタバレと感想!ジャンヌの結末と鮮血の貴婦人☆

醜女の祈りのネタバレ感想!最後(ラスト)の結末は?無料試し読み有☆

この記事を書いている人 - WRITER -








- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください